アウトドア キャンプ

会社仲間と「ふもとっぱら」に行ってきた。【2019年GW(4/29-4/30)】

どうも!

コータローです!

今日は、2019の10連休GWの4/29-4/30に、

 

キャンパーの聖地「ふもとっぱら

 

に行ってきました!

 

っちゃ楽しくて、めっちゃ大変でした。涙

 

今回、ほとんど写真がありませんが、どういう準備をしたのか、当日の行動スケジュールを書いていきます。

ふもとっぱらに行く際の参考になれば、幸いです。

 

「ふもとっぱら」とは?

いきなり「ふもとっぱら」と言われてもよくわからない!という方のために、簡単に概要を説明します。

キャンパーの聖地「ふもとっぱら」

キャンパーの聖地と呼ばれる「ふもとっぱら」キャンプ場

ここは、富士山の麓に位置し、広大な敷地面積を誇るキャンプ場です。

都心から約2時間ほどで行けます。

 

漫画「ゆるキャン△」に出てくるリンちゃんがソロキャンプした場所としても有名です。

「ゆるキャン△」第1巻 参照

ゆるキャン△ 1/あfろ

価格:637円
(2019/5/5 22:06時点)

基本情報

キャンプ場名 ふもとっぱら
住所 〒418-0109 静岡県富士宮市麓156
電話番号 0544-52-2112
チェックイン/チェックアウト
(キャンプ場利用時)
8:30~17:00/~14:00
料金(ソロ/2〜5名時) 2000円/3500円
(車両一台含む、タープは追加料金。)
公式サイト https://fumotoppara.net/
予約の可否 可(基本、予約必須。)
予約サイト:https://fumotoppara.secure.force.com/
レンタル品の貸出 あり。(問い合わせフォームより予約)
焚き火の可否 可、ただし直火はNG。

 

レンタル品は以下の通り。寝袋等は、個人で持ってくる必要があります。

ふもとっぱらHP 参照

 

ふもとっぱらキャンプ〜準備編〜

さて、今回のメンバーは会社の先輩、同期で計4人でいきました。

その際に事前に準備した内容を紹介していきます。

まずは、ふもとっぱらの予約!なんだけど。。。

3月中旬ごろ・・・

 

先輩「キャンプにいきたい!

 

この一声から始まったキャンプ準備。

まず予約からと、「ふもとっぱら」の予約サイトをみました。

「ふもとっぱら」の予約方法・注意事項は以下の通り。

注意ポイント

  • ネット予約サイトからの予約のみ(電話でのキャンセル待ち、予約は不可)
  • 予約は3ヶ月先まで可能。
  • 当日の受付は行わない。
  • キャンセルが発生次第、ネットに反映される。
  • 車両1台ごとの予約。予約のない車両は進入不可。

では、予約状況は、

 

GWの予約がいっぱいじゃん!まじか!

 

でも、意外とキャンセルが多く、3月末には予約できました

予約状況は、かなり流動的なようです。

予約後は、予約完了のメールが届き、キャンプの約1週間前に車両証が届きます。
(車両証が届くのは、混雑時の時のようです。過去に行った時はなかったので。)

急いで予約したため、車両No.が入っていませんが、当日、受付で記載してもらいました。

ポイント

  • GWの予約は、すぐに埋まってしまうため、注意!
  • 予約が埋まっても、キャンセルされる可能性があるため、諦めない!
  • 予約に空きができたらすぐに予約すること!
  • 車両一台ずつのため、予約に注意!

 

キャンプ道具の準備

今回、キャンプ道具一式を私が持っている道具で揃えました。

幸いにも、親戚が使っていたテント、タープ、寝袋等があったので、活用しました。
(のちに、痛い目に合います。。。)

持っていった道具は以下の通り。

準備した道具一覧

  • テント(4人用)
  • スクエア型タープ
  • ダブルのエアマット 2つ
  • 寝袋 4つ
  • キャンプイス 4つ
  • テーブル 2つ
  • 焚き火台 1つ
  • バーナー類
  • カトラリー類、キッチンペーパー、ウェットティッシュ
  • 鍋類
  • 水タンク
  • 薪(当日購入)
  • クーラーボックス
  • 食材(事前に準備および当日購入)
  • その他(着替え、タオル等)

 

結構な量でした。。。

細々したものは、箱に詰め、車(フィット)に詰めていきました。

詰め終わった車両がこんな感じ。

フィットの右側を倒し、前2名、後ろ2名で乗り込みました。
(車によって、定員が異なるので、注意してください!)

全然オシャレじゃない・・・・w

汚い・・・・w

 

食材は事前準備が大事!

まず始めに、お伝えします。

 

食材は、事前に準備していきましょう!

 

なぜなら、現地で買うと夕飯の準備で1日が終わります。

また、ゴミが増えるため、片付けが面倒です。

今回のふもとっぱらキャンプでは、

 

先輩「肉っ!、クラムチャウダー!

 

とのご要望があったため、事前に準備していきました。

事前に揃えた食材は以下の通り。

事前に揃えた食材

  • タン(400g)
  • ハラミ(400g)
  • ザブトン(400g)
  • スペアリブ(400g)
  • 味付けエビ(12尾)
  • ホタテ(12個)
  • クラムチャウダーの野菜(キャベツ、人参、じゃがいも、ベーコン) 4人前
  • あさり缶、コンソメ、調味料
  • モッツァレラチーズ、トマト

女性2人、男性2人だったので、肉はだいたい1人あたり300~400g、エビとホタテをだいたい1人50gずつほど準備しました。

クラムチャウダーは人数分

モッツァレラチーズは、現地でバジルを買い、普通のカプレーゼに。

また、リンゴとはちみつがあったので、リンゴのカプレーゼも作りました。

リンゴのカプレーゼのレシピはTwitterで紹介したので、参考にどうぞ!

翌日の朝食やお酒は、現地で購入しました。

実際には、上記の量でちょうどいい感じ

よく食べる人がいたら逆に足りなかったかもしれません。

クラムチャウダーは、翌朝に作る予定でしたが、大雨のため、作れませんでした。。涙

 

ポイント

  • メインの食材は、事前に準備しよう!
  •  お酒は現地でOK!

 

ふもとっぱらキャンプ〜当日編〜

 

キャンプ1日目は、朝から出発!昼過ぎにキャンプ場到着!

キャンプ1日目の大まかな工程表は以下の通り。

キャンプ1日目の工程表

  1. みんなを車で迎えに行く。(朝7時前)
  2. 現地近くのスーパーに到着(11時すぎ)
  3. キャンプ場に到着(13時すぎ)
  4. テント設営〜夕飯

キャンプは、朝からの行動が基本です。

なぜなら、キャンプ場の到着時間が遅くなると、のんびりできる時間が減るからです。

キャンプの醍醐味は、

 

大自然で、のんびりすること!

 

これを達成するためには、少し早めの行動を心がけると良いかと思います。

ただ、今回のふもとっぱら、

 

朝の受付がめちゃくちゃ混む!

 

Twiterとか、過去のGWを見ると朝8時くらいから1時間並んだとか、色々・・・・

ぶっちゃけ、そんな並ぶ必要ある!?!?

ということで、私たちは、

 

13時ごろ到着を目標にしました。

 

なぜなら・・・

ふもとっぱらのチェックアウトが14時だから!

 

ふもとっぱらは、他のキャンプ場に比べて、チェックアウトの時間が遅めです。

そのため、早く行っても、撤収していないキャンパーさんがいるため、場所取りできないのです。

なので、入れ替わりのタイミングを狙って、場所取りするのがポイントです。

実際、周りと距離があり、水場、トイレが近い場所を取ることができました。

ポイント

  • 朝は早めに行動すること!
  • ただし、混雑時のふもとっぱらは、13時くらいに到着がベスト!

2日目は、大雨でびしょ濡れで、撤収作業。。。

2019年のGWの前半のふもとっぱらは、大荒れ!

幸いなことに、風はありませんでしたが、大雨でした。

そして。。。

 

ント浸水!タープ浸水!

 

古〜〜〜いテントとタープだったため、シールテープ等も剥がれ、大変なことに。。。

結果、びしょ濡れになりながら、撤収作業して、速攻温泉入って、帰宅しましたとさwww

優雅な朝を迎えたかったなぁ〜〜。

ポイント

  • ちゃんとしたテント、タープを使いましょう!
  • テントの管理は適切に行いましょう!
  • 無いなら、レンタルもありですよ!

まとめ!

一緒にキャンプした仲間は、こう叫んでいました!

 

「めっちゃ楽しかった!リベンジキャンプしよう!」

 

この言葉を聞けただけで、頑張って準備した甲斐があったなーと心底思いました。涙。

次こそは、晴れた日に!

そして、キャンプ沼にはめてやることを誓いました。グヘヘ。

-アウトドア, キャンプ

© 2020 キャンプしませんか?