アウトドア キャンプ

那須のキャンプラビットで大人数キャンプしてきた!【Part.2:魅力・注意点編】

こんにちは!コータローです。

今回は、会社仲間8人と大人数キャンプしてきました。

Part.1では、キャンプラビットの場内レビューを書きました。記事は以下、参照!

那須のキャンプラビットに大人数キャンプしてきた!【Part.1:場内レビュー編】

どうも!コータローです。 お盆の最後の週末に会社仲間8人で、キャンプしてきました! 今回選んだキャンプ場は、   CAMP RABBIT (キャンプラビット)   静かさと豊かな自 ...

続きを見る

 

今回は、Part.2ということで、キャンプラビットの魅力・注意点を書いていきます。

 

キャンプラビットの魅力①:キャンプ初心者に優しい環境

さて、今回、会社仲間8人とキャンプにいきました。まず問題になったのが、

 

8人が寝れるテントや寝袋を持っていない!

 

そこで、キャンプ場選びで決めてたのが、「テント・タープ等を一式揃えられるキャンプ場」

何人かキャンプ経験があったので、テントやタープの建て方はわかるので、とにかくレンタルしたかった。

キャンプラビットは、レンタル品が綺麗で充実してる!

そこで、候補に上がったのがキャンプラビット。HPを見ると、

 

めっちゃ、すげーセットあるじゃん!

 

ということで、キャンプラビットにキャンプ場は決定。

今回、HPにも記載のあるスタンダードバリューセットをレンタルしました。セット内容の詳細はこちら

スタンダードバリューセット(1セット分)

  • 4人用テント(コールマン タフドーム) 1つ
  • 寝袋 4つ
  • マット 1つ(テント内に敷くやつ)
  • タープ 1つ
  • 椅子 4つ
  • 大きなテーブル 1つ
  • まな板包丁セット 1つ
  • ライト 2つ(燃料別)
  • BBQコンロ 1つ(網、炭受け、炭トング付き。燃料は別)
  • ガスコンロ 1つ(燃料別)
  • ジャグ 1つ

これだけ充実したレンタル品でかつ、サイト使用料込み(通常サイト)で、お値段は、なんと。。。。

 

税込18,360円(4人用)

1人あたり、4,590円

 

他のいろんなキャンプ場のレンタルを見ましたが、ここまで揃っているのキャンプ場は見つかりませんでした。そして、ここまで揃っているのに、5000円以内で済むのは、

 

かなり安い!

 

設営の方法等は、レンタル時に教えていただけますので安心してください。荷物運びは、自分たちで行うので、協力して頑張りましょう。

実際にテント設営した写真はこちら!

レンタル品は、しっかり手入れがされており、ベタつきだったり、大きな汚れは見られず、とっても綺麗でした。

 

参考

「もっとおしゃれで、テント設営すら省きたい!」という方は、プレミアムバリューセット(27,000円+税)をおすすめします。

概要は以下の通り。詳細は、こちら

  • スノーピークの2ルームテント。
  • オシャレな木製の椅子に、木製の机。
  • テントの準備、設営は、スタッフがやってくれる。

キャンプラビットは、管理棟の商品が豊富!

多くのキャンプ場の管理棟は、受付のみだったり、飲み物が少し売っている程度。

しかし、キャンプラビットの管理棟では、アイス、氷、薪、ホワイトガソリンなどのキャンプに必須の用品に加え、水鉄砲などの遊び道具も売っていました。

店内の雰囲気は、こんな感じ。

 

薪、氷(ブロック、かち割り)は、それぞれ540円/1個です。

また、以下の通り、割引券がもらえます。ちょっとでも節約しましょう!

割引クーポン

下記いずれかの方法で、薪 or 板氷を1区画につき1つだけ50%OFF!
ただし、チェックイン時のご提示のみ有効

  • 本ページプリントアウト
  • 端末提示
  • 「Coleman」「snow peak」、「LOGOS」、「WILD-1」、「JAF」の会員カードの提示

キャンプラビットHPから引用

 

魅力ポイント

  • テント持ってなくても、気軽にオシャレなキャンプができる。
  • レンタル品が充実していて、初心者に優しい。
  • 何か足りなくても、管理棟で買える。

キャンプラビットの魅力②:とても静かで、自然豊か。

さて、今回は初心者キャンパーが多いため、いきなり騒がしいキャンプ場でのキャンプに慣れてしまうと、騒がしいキャンパーになってしまうのではないかと思い、静かなで、涼しいキャンプ場をテーマに探しました。

キャンプラビットは、耳を疑うほど静か。

キャンプラビットに来て、感じたこと。

 

とても静か!

 

昼は、子供達のはしゃぐ声、楽しい話し声、鳥のさえずり。夜は、シーンとした静寂、パチパチとなる焚き火の音

特に、夜の22時以降は、「俺、耳聞こえないのかな?」と耳を疑うほど静かです。

 

オーナー自身も、

 

「夜の静けさがキャンプラビットの魅力です!」

 

とおっしゃるほど。でも、まさにその通り。この静けさの中、酒を片手に焚き火を見る。最高でした。

オーナーが、定期的に見回りをしている。

この静けさを楽しむためにやってくるキャンパーが多いようで、夜になると、皆様、とても静かに過ごしていました

キャンプラビットでは、オーナーが定期的に見回っており、我々の元にも見回りに来てました。

周りがとっても静かだったこともあり、少し騒がしかったようで、

 

「周りがだいぶ静かで、少し目立っちゃてるので、申し訳ないですが、23時に消灯をお願いします。」

 

とのこと。

厳しいかと思われるかもしれませんが、それもキャンプラビット。

このキャンプ場の良さを最大限に感じてもらいたいんだな。とオーナーの思いを感じました。

(大人数で、正直うるさかったのかもしれません。お騒がせして、申し訳ございませんでした。。。)

 

キャンプラビットは、自然豊かで、気持ちいい。

キャンプラビットは、林間キャンプ場です。

強い風は無く、心地よい風が流れてきます。そして、自然の香り、心地よさを実感できます。また、那須高原で少し標高が高く、都心より2〜3度低いため、涼しくて過ごしやすかったです。

夜になると、星が綺麗だそうで、オーナー曰く、冬場の空は気持ち悪いくらい星が見えるそう。

いつか、酒ではなく、星で気持ち悪くなってみたいですね。

 

魅力ポイント

  • 夜がとても静か。
  • 自然豊かで、涼しくて、気持ちいい。

 

キャンプラビットの魅力③:不定期開催のアフターラビット

受付時に聞いたオーナーの気分で開店する「アフターラビット」。意外と人気のイベントらしく、ぜひ参加してください!とのこと。

夜の暗さと静けさを感じながら、お酒を飲むイベントらしい。。気になる。。。

アフターラビットの雰囲気は、最高。。

管理棟の横に立つちょっとした広場で開かられるアフターラビット。

オーナーたちがお酒を作り、少し暗めの場所で、仲間と話ながら、オーナーと話しながら飲むイベントです。

時間:20:00〜22:00

ドリンクメニューは意外と豊富。

ソフトドリンクもあるため、お子さんも参加できます。実際にファミリーで参加して、みんなで楽しんでいました

我々も参加したので、アフターラビットの雰囲気はこんな感じ。

テーブルがいくつか、置いてあり、オシャレなロウソクだけの少し暗めだけど、良い雰囲気。

そこで飲む酒は、やっぱり美味い。

他にも不定期開催のイベントを開催している。

今回は、アフターラビットをやっていましたが、他にもイベントをやっているようです。

イベントの開催は、インスタグラムから確認できます!ぜひ、フォローしておきましょう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

【FREA MARKET】 早いものでもう9月… 今年も二度目のフリマを開催いたします! ・ 宿泊予約の際に出店希望と一言下さい 既にご予約済みの方も後からお電話くだされば大丈夫です👌 もちろん出店料は無料! ・ イベントとしてではなく、それぞれご自分のサイトで出店して頂くのでのんびりとキャンプを楽しみながら出店できます。 ・ キャンプギアはもちろん、子供服や雑貨などでもOK 詳しくはホームページをご覧下さい 是非出店下さいませ〜 ・ #キャンプラビット #camprabbit #那須キャンプ #那須キャンプ場 #freamarket #フリーマーケット

camprabbitさん(@camprabbit)がシェアした投稿 -

 

魅力ポイント

  • アフターラビットがめっちゃ良い。
  • 他の不定期イベントも魅力的。

 

キャンプラビットの注意点:夜は特に静かにしなければならない。

さて、キャンプラビットには魅力がある一方で、注意点もあります。それは、

 

夜は、特に静かにしなければならない。(22時くらいから特に。)

 

昼間は、みんなワイワイと好きな料理したり、子供も好きなように遊んでいますが、夜になるとみんなとても静かに過ごしています。だから、喋り声がものすごく響きます。また、炊事場で手を洗うことやちょっとお皿を洗う音ですら、気を使うほど。だから、

  1. 酒を飲んだら、大声になっちゃう人
  2. 夜までみんなと語り合っていたい人
  3. 夜泣きや夜に大騒ぎする子供がいるファミリー

こういった方々には、あまりオススメできません。

ただ2、3に関しては、声の制御やお子さんのコントロールができれば問題ないと思います。

 

注意ポイント

  • 夜は静かにしなければならない。
  • 夜まで語りたい、騒ぎたい方には不向き。
  • 夜に騒いじゃうお子さんがいるファミリーも不向き。

 

今回の大人数キャンプはこんな感じ。

さて、今までキャンプラビットのことについて、話してきましたが、自分たちのキャンプのお話も少しだけ。

といっても、酒と肉とちょっとオシャレなおつまみを食べただけ。笑。

でも、これが楽しいんですよね。会社の仲間は、社内でも話すけど、キャンプ場という異空間で酒と美味いご飯をみんなで作って食べたりするのがたまらなく楽しい。

また、今回、キャンプ初めての方がみんな楽しんでもらえたようで、主催した私はとても嬉しい。日々の生活では味わえない不便さと達成感もキャンプの良さであるとしみじみと感じていました。

まとめ

キャンプラビットの魅力・注意点は伝わったでしょうか?

実際には、いってみないとわからないというところがあります。行ってみて、感じてみてください。

後悔することは絶対にありません。今までのキャンプ概念が覆るかもしれません。(言い過ぎかな?笑)

ぜひ、キャンプラビットでキャンプしてみてください!

-アウトドア, キャンプ

© 2020 キャンプしませんか?